>

使わないものとは

捨てることを考えていない

自分がこの使わないものに対してどんな感覚がありますか。
おそらくですが、その物に対して使わないものだけど捨てるっていうところまでは考えられないと思っていませんか。
そのような思いがずっと続き、いつの間にかずっと部屋に残ってしまい、捨てるタイミングを見失いかけていると思います。
そうなってしまったら厄介なことに、今後もずっとそれを捨てることに対しての感情が芽吹かないのではないかと思います。
はっきりと捨てるなら捨てていいのですが、その捨てるというような行為さえも思いつかないのであれば少し手こずってしまいなかなか行動に移せないのかもしれません。
このようなタイプがたくさんいて、部屋の中にたくさん物が溜まりがちなのです。

捨てることに気づくには

もしあなたが捨てることに対してどうしても気づかないのであればその物をずっと見つめることです。
これは本当に必要なのか不必要なのかずっと見つめているだけでその物の使用感をイメージすることができるかと思います。
全く使用していないのに、あなたの頭の中でのイメージでは使用している感覚があるのかもしれません。
ですがその行為すらしていないというようなものであれば真っ先に捨ててみてください。
そうすれば使わないものだということで判断ができやすくなります。
もし見つめておいてまだ使うと感覚があるのであれば試しにそれを今すぐに使ってみてください。
それが実現できないのであればすぐに使えないというもので、今は使わないものということですぐに不用品として回収して貰えばいいと思います。


TOPへ戻る