>

間違って捨ててしまった

気持ちを切り替えよう

あなたがもし本当に必要なものであるのならば、いつまでも落ち込まないで、すぐに気持ちを切り替えようと今後注意をしていけばいいと思います。
また、使わないものであるのがすぐにわかるようにダンボールなり、いらない箱なりでまとめあげておいたほうが安全になるでしょう。
もしそれでも億劫であれば、一から物を捨てて新たに自分の部屋を見つめて、自分の性格と経験を考えて自分に必要なものを買い揃えてみるのもいいかもしれません。
何をするにしても、自分のこれからどうしたらいいかという気持ち次第なので、もしあなたが今の部屋を、使わないものに対しての扱いをこれからしっかりと向き合わないと何も始まらないでしょう。
まとめるだけでも頑張ってみましょう。

回収するとき

あなたが使わない物がたくさんあってそれでも回収されたくないのであれば一時的に人に貸してあげる、または人にあげてみてはどうでしょうか。
もし友達がそれを受け取ってくれれば、その使わないものは、その友達にとって価値のあるものに変えられるでしょう。
このように自分で使わないものを回収する業者に依頼する手前に友人に預けてみたらまだ有意義になれるかもれません。
使わないから捨てるという考えではなく、人にあげる、または人に貸してみるということで少しは心が救われていくかもしれません。
そしてしばらくその物が必要になったと感じた時、再び友達から返してもらうようにすれば少しはその商品に対して価値観が変わっているのかもしれません。


TOPへ戻る